秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に入れる飲食店を紹介するブログです。お一人様での秋葉原ランチや夕食のお店選びのお役に立てたら幸いです。

たこ焼き屋で食べる豚丼【銀だこ】

平日の昼飯にたこ焼きを食べる人はそう多くはないと思っていた。

なのに銀だこは昼間から営業している。ランチでたこ焼きを食べる人いるんだろうか。

先日、そんなことを思いつつ銀だこの前を通った時にたこ焼き以外のランチメニューを発見。

これは行くしかないということで行ってきました。

正確な店舗名は「銀だこ ハイボール酒場 末広町店」

「銀だこ ハイボール酒場」の外観

場所は末広町駅すぐ近くの便利な場所。

「ハイボール酒場」と付いている銀だこは店内でも食べられるような感じになっていて夜は酒場にもなる店舗。

全てのハイボール酒場がランチをやっている訳ではないみたい。その辺の情報があまりなくてよくわからん。ランチがあっても店舗ごとに違うっぽいし。

末広町店のランチメニューは豚丼とタレカツ丼の2つ。それぞれに並と上があって肉の枚数が異なるようです。

ちょっとびっくりしたのが豚丼の並が580円。たれカツ丼の並が550円。安い!

どちらも美味しそうだけどなんとなく豚丼の並を注文。

「銀だこ ハイボール酒場」のランチメニュー

店内はテーブル席のみ。

そういえば、銀だこというと関西の人を中心に論争になりがちですが個人的には銀だこは好きです。外はカリカリ、中はトロトロうまいよね。

まだ12時前だからかもしれないけど客は自分一人。

ランチの看板をもっと分かりやすくしたほうがいいと思う。多くの人はたこ焼きしかないと思っているはず。自分も先日ランチメニューあることに気が付いたし。

約5分ほどで出来上がりました。「豚丼(並)」です。

「銀だこ ハイボール酒場」の豚丼(並)

3ミリくらいのそこそこ厚めの肉。上にはししとう。これはうまそう。いただきます。

肉は炒めた香ばしさに甘辛いソースが合わさって、さらに適度な脂身もあってうまい。ご飯が進む。

甘辛ソースなのでししとうや漬物がいいアクセントになる。

やはり豚丼はこういう十勝系豚丼がうまい。

ご飯の量は多くもなく。少なくもなく。普通の量。炊き具合はちょうどいい。

安いほうの並(上より肉が少ない)だけど肉の量は満足。

 

これが580円とはお得でしょ。まさに「こういうのでいいんだよ」系。

この近辺のランチコスパランキングでトップクラスのメニューだと思う。

もちろん豚丼専門店には敵わないけど、たこ焼き屋で食べる580円の豚丼としては十分満足できる出来だと思う。

ごちそうさまでした。

 

ランチの時間帯や、土・日・祝日のランチ有無は未確認です。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

下記ボタンを押すとTwitter画面が開いて「いいね」や「リツイート」ができます。
この記事が気に入ったらぜひ「いいね」「リツイート」をお願いします。

image/svg+xml いいね image/svg+xml リツイート

 

■今回注文したメニュー

メニュー名 金額(税込)
豚丼(並) 580円

 

■その他の主なランチメニュー

メニュー名 金額(税込)
豚丼(上) 680円
たれカツ丼(並) 550円
たれカツ丼(上) 650円

※価格は消費税8%時点の価格となります。


■お店情報

店名 銀だこ ハイボール酒場 末広町店
営業時間 平日 11時30分~23時00分(L.O.22時30分)
土曜 11時30分~22時00分(L.O.21時30分)
日曜、祝日 11時30分~21時00分(L.O.20時30分)
住所 東京都千代田区外神田6丁目13-10
Google マップ
最寄駅 JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩8分
地下鉄銀座線「末広町駅」4番出口より徒歩1分
地下鉄千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩5分

 

■ぼっちめし情報

  • 好きな席に座る。
  • 店員さんを呼んでメニューを伝える。
  • お冷はキッチンのほうに置いてある(勝手に取っていいと思う)
  • 紙おしぼりあり。
  • 食べ終わった食器類は中央レジ近くの返却スペースへ持っていく??(たぶん)
  • 中央レジのところで支払う。

 

■訪問日時

  • 2019年9月30日(月) 11時30分

店舗情報などは訪問時の情報です。これらの情報は変わる可能性があります。