秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に入れる飲食店を紹介するブログです。お一人様での秋葉原ランチや夕食のお店選びのお役に立てたら幸いです。

お上品ラーメン【龍の目 第二章】

今日は「龍の目 第二章」に行ってきました。

鳴龍という有名店のプロデュースで昨年にオープンして今年から第二章としてリニューアルしたお店です。

場所は妻恋坂交差点の近く。近くには「アイキッチン」や「ジャンカレー」などがあります。

「龍の目 第二章」の外観

店内の券売機で食券を購入。

この店は鶏中華(醤油・塩)と鴨中華(醤油・塩)の4種類がメイン。

初めてなので鶏中華(醤油)を購入。

「龍の目 第二章」のメニュー

店内はカウンター席のみ。

そういえば、この場所ってラーメン屋が何度かオープン、撤退を繰り返している場所。

最初の記憶は「北かま」というつけ麺屋。美味しかった記憶。

その次はサンラー麺屋だったかな。あとは味噌ラーメン屋もあった。味噌ラーメンは美味しかった。

その次はWATARUというラーメン屋。味の記憶は残っていない。

北かまの前は寿司屋があったようななかったような。もう覚えてない。

ちなみにカウンター席の配置は北かま時代から大きく変わっていないと思います。

待つこと約5分ほどで出来上がってきました。「鶏中華(醤油)」です。

「龍の目 第二章」の鶏中華(醤油)

透き通るようなスープ。綺麗に畳んである麺。上品なラーメン!

それではいただきます。

最初にスープを一口。鳥の旨味が溶け込んでいてうまいスープ。すっきりしているけど奥が深いようなそんな気がする。

麺はツルツルした細麺。麺の味もいい。細麺だけどコシもある。

チャーシューは鶏と豚のチャーシューが2枚。鶏のほうは柔らかくプリプリしていて美味い。豚のほうは肉!といった感じ。とちらかというと鶏チャーシューのほうが好き。

スープがあっさり系なのでどんどん飲める。ほぼ飲みきって完食。

こういうあっさりしたラーメンもいいもんだ。とても美味しいラーメンでした。

鴨中華は平打ち麺のようなので次来た時は鴨中華にしたいと思う。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

下記ボタンを押すとTwitter画面が開いて「いいね」や「リツイート」ができます。
この記事が気に入ったらぜひ「いいね」「リツイート」をお願いします。

image/svg+xml いいね image/svg+xml リツイート

 

■今回注文したメニュー

メニュー名 金額(税込)
鶏中華そば(醤油) 850円

 

■その他の主なメニュー

メニュー名 金額(税込)
味玉鶏中華そば 950円
ワンタン鶏中華そば 1000円
特性鶏中華そば 1200円
鴨中華そば 850円
味玉鴨中華そば 950円
ワンタン鴨中華そば 1000円
特性鴨中華そば 1200円

※価格は消費税8%時点の価格となります。

※鶏中華そば、鴨中華そばは醤油、塩が選べます。


■お店情報

店名 龍の目 第二章
営業時間 11時00分~15時00分
18時00分~21時00分
住所 東京都千代田区外神田3丁目6-5
Google マップ
最寄駅 JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩10分
地下鉄銀座線「末広町駅」3番出口より徒歩3分
地下鉄千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩5分

 

■ぼっちめし情報

  • 入り口横の券売機で食券を購入する。
  • 空いているに座る。
  • お冷はカウンターに置いてある。
  • 紙ナプキンあり。
  • 食べ終わった食器類はそのままでいい。

 

■訪問日時

  • 2019年9月25日(水) 11時30分

店舗情報などは訪問時の情報です。これらの情報は変わる可能性があります。