秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に入れる飲食店を紹介するブログです。お一人様での秋葉原ランチや夕食のお店選びのお役に立てたら幸いです。

大人のお子様ランチ。長崎トルコライス食堂

お一人様評点 ★★★★(5点満点中4点)
カウンター席、テーブル席あり。どちらかといえば複数人で来るのがメインっぽい感じがするがカウンター席があるのでお一人様でも問題ない。
※この評価は一人で入りやすいか、居心地はどうかを評価したものであり価格や味などの評価は含まれません。

 

長崎のご当地グルメであるトルコライスって、トルコ共和国料理というわけではないらしい。

名古屋の台湾ラーメンも台湾には無い。しかし台湾ラーメンは台湾出身の人が考案した、台湾料理を作る過程でできた中華っぽい料理だ。

一方トルコ共和国にはトルコライスに類似した料理はないらしい。そもそもイスラム圏なので豚肉は食べない。

そんな不思議な料理であるトルコライスだけど、秋葉原駅近くにトルコライス専門店である「長崎トルコライス食堂」があるので行ってきました。

長崎トルコライス食堂の外観

この店では「TORUKO RICE」と表現していたので、トルコ共和国とも無関係の料理のようである。

 

秋葉原駅電気街口から徒歩2分。実際の感覚としてはもっと近いように感じる。

JR山手線・京浜東北線の高架下に「ちゃばら」という施設があり、「日本百貨店」という日本全国の様々な食品などを県別に取り扱っている店や、いくつかの飲食店などがあったりする。

「日本百貨店」では県別にご当地グルメや調味料などが取り揃えてあり、見ているだけでも楽しい。こういうのって高かったりしそうだけど、普通に現地で売っている値段とさほど変わらなさそうな感じでした。

さて、その「ちゃばら」の中に「長崎トルコライス食堂」があります。

長崎トルコライス食堂の看板

「ちゃばら」自体が少しオシャレな感じがする施設なので、当然「長崎トルコライス食堂」もオシャレな感じ。

休日は一人で入るのは気が引ける。そんな感じ。

入り口で一人ということを伝え、案内された席は壁で囲まれた「ぼっち席」。

これはいい!こういう席大好き。落ち着くw

長崎トルコライス食堂のぼっち席

こっちはぼっち席やぞ。どや!と謎の優越感に浸りながら周りを見渡す。他にはカウンター席やテーブル席などがいくつかあります。(ぼっち席からは見えにくい)

さて何を注文するか決めたいと思います。

長崎トルコライス食堂のメニュー

って、このメニューが雑すぎて分かりにくい。これはメニューとしてどうかと思う。

とりあえず整理する。だいたい理解できたところは以下の通り。

  • 「セット」と「単品」がある。
  • トルコライスの種類は5つ。
  • セットにはスープ、ドリンク、カステラが付属する。
  • セット?にすると最大450円お得である。
  • カレーコロッケが付属する?

次は不明点

  • 「全て手作りカレーコロッケ付き」と書いてあるが「セット」にだけ付属とも読み取れる。その場合「全て」と書くのはどうなのか。
  • カレーコロッケが「セット」のときのみ含まれるならセット内容に入れればいいのでは?
  • 「カレーコロッケをフィーチャー」とあるがメインはトルコライスなのでは?
  • セット内容に「3つの内お好きなトルコライス」と書いてある。しかしトルコライスの種類は5つ。「5つの内・・・」の間違いではないか。
  • そもそも単品とは?

全体的に雑。セットがなんなのか、単品がなんなのか。トルコライスを知っている前提で書かれているのでトルコライス初心者にはさっぱりわからない。

単品を頼んで上のカツの部分だけ来たらどうしよう。とか考えてしまう。

こんなことを言うと「普通の人は適当に情報を補完して理解するんだ」とか言う人がいるけど、そういうことするから後から思っていたのと違うとかトラブルに発展したり、レビューサイトの星1が増えたりするのだ。

 

とりあえず分からないけどセットは最低でも1620円もするので、一番スタンダードな「スタンダードトルコライス」の単品を注文。税込1080円。

約10分ほどと少々時間がかかったが「スタンダートトルコライス単品」が到着。

長崎トルコライス食堂のスタンダードトルコライス

スープが付属するなどとどこにも書いていないがスープも来た。ランチのスープです。と言っていた気がしたので、ランチの時間帯は付くのかもしれない。

単品を頼んで心配だったが、ちゃんとトルコライスが届いた。

カレーコロッケは付属していない。アレはセットに含まれるものだったようだ。

ちゃんとした飲食店のトルコライスを食べるのは初めて。美味しそう。

トルコライスのことをよく知らずに来たけど、スタンダードと付いているようにこれが標準なんだと思う。

大皿にカレーピラフとナポリタン。その上にトンカツ。トンカツにはデミグラスソースがかかっている。あとはサラダ。

それではいただきます。

まずはトンカツ。トンカツは細く切られている。厚さは薄め。揚げたてでうまい。

カレーピラフは炒めた感が無いけどカレー味なので普通にうまい。

ナポリタンも炒めた感が無いけど普通にうまい。

確かにこれは大人のお子様ランチ。ジャンクフードっぽいけどそれがいい。量的には少々物足りない感じもするが、炭水化物多めなのでこのくらいがちょうどいいのかもしれない。

多くの人が美味しく食べられるものだと思う。

今回頼んだスタンダードトルコライス以外にも、アジフライやメンチカツのトルコライスなどもある。

 

メニューの件ではイキって文句言ってしまいましたが、全体的に良い店だと思う。

秋葉原ではトルコライスが食べられる店はあまり無い。他に出しているところは「だん家」のランチくらいしか知らない。トルコライスを食べたことがある人も無い人も、トルコライス専門店の「長崎トルコライス食堂」でいろんなトルコライスを食べてみてはいかがでしょうか。

 

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

下記ボタンを押すとTwitter画面が開いて「いいね」や「リツイート」ができます。
この記事が気に入ったらぜひ「いいね」「リツイート」をお願いします。

image/svg+xml いいね image/svg+xml リツイート

 

■今回注文したメニュー

メニュー名 金額(税込)
スタンダードトルコライス(単品) 1080円

■主なメニュー

メニュー名 金額(税込)
単品 セット
スタンダードトルコライス 1080円 1620円
アジフライが主役のトルコライス 1404円 1890円
コロッケが主役のオムレツトルコライス 1080円 1620円
メンチカツが主役のハヤシトルコライス 1080円 1620円
スペシャルトルコライス 1620円 2160円

※セットにはスープ、ドリンク、カステラ付き。カレーコロッケも付くと思う。


■お店情報

店名 長崎トルコライス食堂
営業時間 11時30分~20時30分(L.O.20時00分)
住所 〒101-0024 東京都千代田区神田練塀町8-2
Google マップ
最寄駅 JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩2分
地下鉄銀座線「末広町駅」1番出口より徒歩6分

 

■ぼっちめし情報

  • 案内された席に座る。
  • 店員さんに注文する。
  • お冷はテーブル上にある。
  • 紙ナプキンあり。
  • 食べ終わった食器類はそのままでいい。
  • 会計は伝票を持って店内入り口のレジで支払う。

■訪問日時

  • 2019年7月11日(木) 11時30分

店舗情報などは訪問時の情報です。これらの情報は変わる可能性があります。