秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に入れる飲食店を紹介するブログです。お一人様での秋葉原ランチや夕食のお店選びのお役に立てたら幸いです。

あたりや行ったらあたりの店だった。あたりや食堂

お一人様評点 ★★★★★(5点満点中5点)
お一人様で全く問題ない。テーブル席も1つあるがカウンター席がメイン。夜に一人で入りやすいかどうかは不明。たぶん夜に食事だけでも大丈夫そうな雰囲気。
※この評価は一人で入りやすいか、居心地はどうかを評価したものであり価格や味などの評価は含まれません。

 

本日のランチは「あたりや食堂」です。

場所は神田川を渡った先。神田須田町です。

あまり神田川を渡った先に行ったことがない人は少し分かりにくいかもしれない。

JR秋葉原駅近くにあるガード下の和民の横から「神田ふれあい橋」という歩行者用の橋で神田川を渡るのが近道です。

この辺は秋葉原の空気とは少し違う。少し落ち着いた感じがする。

あたりや食堂の外観

このお店は昭和23年宮崎県で始めたお店(屋台)だそうです。

東京に進出したのは10年くらい前ですが、元々は70年くらいの歴史のあるお店。

雷々麺(らいらいめん)というメニューがメインみたいです。

あたりや食堂の説明

メニューは雷々麺以外にも何種類かありました。

雷々飯やオム雷飯などが美味しそう。

その他、宮崎発のお店だけあって、宮崎ラーメンなどもあります。

あたりや食堂のメニュー

お店が一番推していると思われる雷々麺を注文。

店内はカウンター席がメイン。入り口付近に4人用テーブルが1つありますが、他は全てカウンター席です。

メニューを見ると夜はちょい飲み?居酒屋?みたいになるのかな?夜の雰囲気がわからないので一人で入りやすいかどうかは不明ですがカウンター席がメインの店なので一人でも大丈夫そうな気がします。

麺を茹でるのに時間がかかる様で数分待ちのあとに到着しました。雷々麺です。

あたりや食堂の雷々麺

あんかけ麺です。めっちゃ美味しそう。

「よく混ぜてから召し上がってください」と言われたとおり、まずはよく混ぜます。

それではいただきます。

麺は中くらいの太さのもちもち麺。ちゃんぽんの麺とのこと。

ドロドロのあんかけはピリ辛ですごくコクがある。少し濃いめだけどモチモチ麺に絡まって美味しい。

具はさつま揚げ、ニラ、玉ねぎ、豚ひき肉など。

たまに出てくるさつま揚げが美味いし、玉ねぎも柔らかいけど少ししゃくしゃく感が残っている感じがちょうどいい。

麺の量は多めですが、美味しい餡掛けのおかげでするする食べられます。

最後に残った餡掛けは別売りのご飯を入れて食べるのがいいらしいですが、お腹いっぱいになったのでご飯は頼まずに餡掛けそのままを食べました。後からやっぱりご飯頼んでおけばよかったと少し後悔。

餡掛けがすごく美味しい。雷々飯とかも絶対にうまいはず。

期間限定のメニューなんかもあるけど、初めてなら雷々麺がおすすめです。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

下記ボタンを押すとTwitter画面が開いて「いいね」や「リツイート」ができます。
この記事が気に入ったらぜひ「いいね」「リツイート」をお願いします。

image/svg+xml いいね image/svg+xml リツイート

 

■今回注文したメニュー

メニュー名 金額(税込)
雷々麺(らいらいめん) 700円

 

■その他の主なメニュー

メニュー名 金額(税込)
宮崎ラーメン 680円
焼豚ラーメン 880円
雷々飯 700円
オム雷飯 950円

 

■お店情報

店名 あたりや食堂
営業時間 平日 11時00分〜15時00分
17時00分〜22時00分
土曜・祝日 11時00分〜20時00分
日曜 定休日
※スープが無くなり次第早仕舞い
住所 東京都千代田区神田須田町2丁目15−3
Google マップ
最寄駅 JR「秋葉原駅」電気街口/中央改札口より徒歩5分
地下鉄日比谷線「秋葉原駅」5番出口より徒歩3分
都営新宿線「岩本町駅」A3番出口より徒歩3分

 

■ぼっちめし情報

  • 「カウンターへどうぞ」的な大雑把な案内があるので従う。
  • お冷は店員さんが持ってくる。
  • メニューが決まったら店員さんを呼んで注文する。
  • ティッシュあり。
  • 帰るときに食器はそのままでいい。
  • 帰るときにカウンターごしに店員さんに料金を支払う。

■訪問日時

  • 2019年6月14日(金) 11時15分

店舗情報などは訪問時の情報です。これらの情報は変わる可能性があります。