秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に食べられるお店を紹介するブログです。

肉ドーーーンッ!!丼やまの

数年前までは秋葉原の飲食店といえばカレー屋とラーメン屋が多かった。

今もカレー屋ラーメン屋は多いのだが、近年急激に進出してきたジャンルがある。

それは肉である。「にく」。いい響きである。

ステーキ、ハンバーグ、焼肉丼、ローストビーフ。肉祭りかよというくらい肉料理を出す店が増えた。

老舗である肉の万世のすぐ近くにもいきなりステーキができるくらいである。

「お前ら肉好きそうな体型だからステーキ屋作るわ」とか言ってそう。はいその考えは正解です。

 

そんな肉料理の聖地になった秋葉原ですが、焼肉丼を出す店が気になったので行ってきました。

JR秋葉原駅の昭和通り口から徒歩5分かからないくらい。相変わらずこっちの方は似たような道ばかりで分かりにくい。

楽器とか好きな人はイケベと総武線の間の通りと言えば分かりやすいかもしれない。

f:id:akiba_bottimesi:20190515130132j:plain

最初見た時「DON!YAMANO」を見てドン小西みたいな名前なのかと思ったけど「丼やまの」でした。

店の外にはたくさんの張り紙で情報過多すぎて僕の頭では処理しきれずアワワワとなってしまいます。

到着したのは開店時間から15分くらいたったころ。席が1/3くらい埋まっていました。

店内の券売機で美味しそうで予算内に入るハラミ丼を購入。他には煮豚丼やカルビ丼、和牛丼があるようです。

食券を渡したときにご飯大盛りにするか聞かれました。もちろん大盛りです。

f:id:akiba_bottimesi:20190515130142j:plain

店内はカウンターのみ10席くらい。

牛丼チェーンのような内装です。こういうのでいいんだよ。

肉丼ということで男ばかりかと思ったけど、女性も2人ほどいました。どちらもカップルだったけど(絶望)

待っている間もどんどん人が入ってきます。(丼だけに)

食券を渡してから数分、ハラミ丼が到着しました。

f:id:akiba_bottimesi:20190515130148j:plain

肉だ!肉です!肉ですよ!

結構厚めの肉がごろごろ入っています。あとキャベツとキムチ。

さっそくいただきます!

肉やわらけー。簡単に嚙み切れる柔らかさ。ウマい。肉ウマい。

ドンブリものは大好きだ。焼肉をご飯にポンポンすると怒りだすポンポン警察がいるがドンブリだとそういうマナーは無い。ポンポンどころか最初から肉が乗っているのだ。

焼肉丼のタレは最初からかかっているけど、テーブルに置いてあるタレを追加でかけることもできます。

しかし、僕が座った席は角の席で、ちょうど手に届く範囲にタレがなく、コミュ障の僕には隣の人に声をかけることもできず、デフォルトの状態でいただきました。

柔らか肉と少し固めに炊いたご飯がぴったりで、たまに食べるキムチもさっぱりしていて美味しい。肉とキムチを一緒に食べるともっと美味しい。ご飯大盛り頼んでよかった。

あっという間に完食。この厚い肉を焼肉丼と言っていいのかわからないけど、肉を食べて幸せな気持ちになったランチでした。

ごちそうさまでした。

 

スタンプカードをもらえました。5回ごとにトッピングなどがもらえ、20回で〜¥790丼が提供されるようです。

ちなみにスタンプカードの表紙の印刷が反転しているのは何か意図があるのか間違えたのかは不明です。たぶん間違えたんだろうね。

f:id:akiba_bottimesi:20190515135312j:plain

 

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月15日(水) 11時45分

■お店情報

  • 丼やまの
  • 営業時間
    • 11時30分〜21時00分
    • (2019年6月前半くらいまで〜15時のランチのみ営業)
    • 不定休
  • 住所 東京都千代田区神田佐久間町3丁目1-3
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 店内入り口横にある券売機で購入する。
  • 好きなカウンターに座る。
  • 食券を店員さんに渡す
  • 紙ナプキン、紙おしぼりあり。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK