秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に食べられるお店を紹介するブログです。

レトロゲーム屋の角を曲がるとレトロレストラン「すえひろ」

普段は死んだ魚のような目をしているおじさんたちが水を得た魚のように解説をし始めて若者は困惑するという昭和レトロブーム。

僕を含むおじさんたちには懐かしく、若者にとっては新鮮なカセットテープのデッキとか、昔のゲーム機のミニ版とか、懐かしアイテムが続々と出てきています。

おじさんの財布はもうペラペラだよ。もう搾り取らないで!

 

そんなレトロブームとは関係なく、令和の時代に昭和から続くレトロなレストラン「すえひろ」が秋葉原にあります。

東京メトロ末広町駅近くのレトロゲーム屋フレンズが入居しているビル(1階はハンバーグ屋)を曲がってほんの少し歩くと目立つ黄色の看板「すえひろ」が見えます。

外観は本当にレトロ。すごく味が出ていて素晴らしい。ホントこういうの大すこ。
この看板が作られたのは、書体からして昭和50年代ではなかろうか?

f:id:akiba_bottimesi:20190507141300j:plain

今日は開店前に店頭に到着しました。理由は後述します。

オープンは11時45分の予定。50分くらいになって店主がシャッターを開けました。
さっそく入店。1人にぴったりな席を確保。

店内もレトロ。おじさん、こういう店が落ち着くんだよ。

f:id:akiba_bottimesi:20190507141346j:plain

 店内を見渡すとテーブルのみで4人掛けテーブルが4つ、片側のみ座れる1人テーブルが2つ、2人テーブルが1つくらい。

カウンターはあるけど荷物が置いてあって使えない。

店主がお冷を持ってきてくれ、そのときに豚肉しょうが焼き定食を注文。
メニューは9種類。肉系、魚系、カレーと色々あります。

f:id:akiba_bottimesi:20190507141337j:plain

 店内のテレビで12時を伝える時報がなり、その数分後にサラリーマンが押し寄せて僕しかいなかった店内は一気に満席です。

これが開店前に行った理由です。混雑するからです。

今日の客層はサラリーマンおじさんオンリーでしたが、惜しくも満席で店内に入れなかった人たちの中には若い女性や若い男性の姿もちらほらいました。

最近はランチの時間が自由な会社も増えていると思います。そういう人は少し早めに行くか遅めに行くといいかもですね。

 

たぶん夫婦か親子だと思うけど、旦那さんが注文や配膳などの担当、奥さんが調理を担当しています。どちらも丁寧な仕事です。

注文を受けてから調理するので少し待ちます。

満員の店内で待つこと10分くらい。到着しました。

f:id:akiba_bottimesi:20190507141354j:plain

もし、初めてこの店に入って、この定食が出てきたら「当たりだ!」と言ってしまう定食だコレ。

しょうが焼き、ハムエッグ、納豆、おしんこ、ご飯、味噌汁で800円。お得でしょ。

(お味噌汁の写真を撮り忘れました。お麩とワカメたっぷりなお味噌汁でした)

最近、チェーン店などでは肉の量が少なくなっているところなんかもあるのに、「すえひろ」のしょうが焼きは「肉ドーンッ!!」ってな感じで大盛り肉となっています。

そりゃサラリーマンが押し寄せるわけだ。

 

早速いただきます。

これはうめえしょうが焼き!ご飯がススムやつだ。

少し厚めの豚肉を食べやすいサイズに切ってあるので、よくあるしょうが焼きみたく食べ方を悩まなくていいです。

豚肉と一緒に炒めてある玉ねぎもちょうど良い柔らかさ。

ハムエッグは食べるタイミングがわからないので肉を乗せて食べてみた。そしたらうめえ!

ハムとしょうが焼きでサンドされた目玉焼き。君はこんなに美味かったなんて。黄身だけに。

おしんこもうめえ。麩とワカメの味噌汁もうめえ。

全てバクバクいけます。一瞬で完食。

美味しいものを食べたあとの幸せが満たされてフワフワしながらお会計をしてお店を出ました。

令和最初の記事は昭和を感じる美味しいレストラン「すえひろ」でした。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

■訪問日時

  • 2019年5月7日(火) 11時50分

■お店情報

  • レストラン すえひろ
  • 営業時間
    • 平日
      • 11時45分〜14時30分
      • 17時00分〜22時00分(ラストオーダー21時30分)
      • 夜は居酒屋タイム
    • 土日祝日定休(たぶん)
  • 住所 東京都千代田区外神田6丁目12-9
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 店内に入り、座席を指定された場合はその座席へ。
  • 座席を指定されない場合は、ここ座って良いか?と聞いて座る。
  • テーブル席のみ。(ただし一人用テーブルあり)
  • お冷を持ってきてくれるので、そのときに注文する。
  • 紙ナプキン類はなし。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK
  • お会計は帰るときに店内の少し奥のカウンターのところで支払う。