秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に入れる飲食店を紹介するブログです。お一人様での秋葉原ランチや夕食のお店選びのお役に立てたら幸いです。

上まで登り詰めろ!肉の万世 呉越同舟(ごえつどうしゅう)

お一人様評点 ★★★★★(5点満点中5点)
店は一人で入りやすい。カウンターは無いが店内は広く2人様テーブルもあるため居心地はよい。夜は居酒屋になるためお一人様は難易度は高いと思われる。この評価はランチタイムのみの評価。
※この評価は一人で入りやすいか、居心地はどうかを評価したものであり価格や味などの評価は含まれません。

 

秋葉原の有名スポットに肉ビルという場所がある。

肉ビルと言っても壁が肉で出来ているとかそういうのではない。

秋葉原の有名肉料理店である肉の万世のビルのことである。

肉の万世のビルだから肉ビルという愛称で呼ばれている訳でなくちゃんとした名前だ。

正しくは万世橋際角肉ビルというのだが、英語ではMEAT BUILDINGと訳されている。

なので肉ビルは正式名称と言って差し支えないだろう。 

肉の万世のフロア案内

 肉ビルは地下からてっぺんの10階まで肉料理を出すお店で埋め尽くされている。

フロアごとに様々なジャンルのお店となっており、例えば3階はハンバーグとかステーキなどのファミレス風。5階は焼肉。10階はシェフが目の前で焼いてくれる高級店というような感じだ。

要は上に行けば行くほど値段が高くなる店になるってことだ。

 

こんなことを言うと「社会の底辺に這いつくばっているお前は地下がお似合いだな」という身も蓋もないことを言う上級国民が出てくるかもしれない。

ぐぬぬ。図星で何も言えない。僕は肉ビルは地下と1階しか入ったことがないからだ。

しかし肉ビルはお金さえ出せば一般国民が10階で食べても問題ない素晴らしいお店なのである。(ただしジャージで行くとかそういうのはオススメしない)

 

そんなわけで、今日は肉ビル地下にある「肉の万世 呉越同舟」にやってきた。

呉越同舟は「ごえつどうしゅう」と読み、普段は敵であるが問題を解決するためにに協力する。という意味があるらしい。

なるほど。だがぼっちはどうすればいいのか。敵とかいないぞ。無敵だ。

 

さて呉越同舟は夜はビヤホールだが、昼はランチメニューでとんかつなどを出す店になる。

肉の万世 呉越同舟ランチメニュー

この写真は平日ランチメニューだが、土曜日もランチはあるようだ。(未確認)

僕が選んだのは限定50食の万世メンチかつ丼である。

安いから選んだのではない。限定だったからである。

繰り返すが安いから選んだのではない。うそです。本当はロースカツ定食が食べたかったです😿

 

入り口にある券売機で食券を購入し入店。

店の中はテーブル席のみ、ただし2人用の小さなテーブルがあったり、そもそも広い店なのでぼっちでも気軽に利用できると思う。

食券を渡した時にご飯の量をどうするか聞かれた。

僕はいつもなら大盛りにするところだけど、今回は普通盛り。

ご飯と味噌汁は、おかわりも無料でできるとのこと。小躍りしたくなる。なんて素晴らしい店だ。

 

秋葉原のサラリーマンと思しき人がどんどん入ってくるが、 店が広いため混雑と言うほどではない。

この人たちも普段はライバルだが、同じ目標のために一緒に戦う企業戦士だったりするのだろうか?共通の敵を倒すために協力しあっててっぺん目指すぞ!そしてこのビルの10階でステーキ食うぞ!などと熱い握手をしているのかもしれない。

そんなことを考えていたらメンチかつ丼が到着しました。

肉の万世 呉越同舟のメンチかつ丼

 見ただけでわかるサックサクの衣。

これは食べなくても美味いって分かるやつだ。

ソースをかけて一気に食べよう。と思ったらソースが2種類ある。

肉の万世 呉越同舟のとんかつソースと万かつサンドのソース

赤い方が「オリジナル!とんかつソース」

黄色い方が「オリジナル!万かつサンドのソース」

こう言う時は両方試すのがいい。

 

最初は「とんかつソース」のほう。ドロッとした見た目は普通のとんかつソース。

さっそく一口いただく。

サクッ!じゅわっ!ふわっ!

これらが全て同時に起きるのである。うめえ!もうね、美味すぎてご飯を1/3くらい食べちゃった。

ソースの味とかよく分からないくらい本体のメンチかつが美味すぎるのである。

 

もう一切れは「万かつサンドのソース」を掛けてみた。

こちらは「とんかつソース」よりももっとドロっとした感じ。

メンチに掛けたソースを少し舐めてみたところトマトのコクや甘みもあるソース。

どちらも美味しいソースだが、僕は「万かつサンドのソース」のほうが好みだ。

 

丼にはキャベツや紅生姜も入っている。

紅生姜とメンチを一緒に食べるとさっぱりして美味しい。

最初にご飯を多く食べすぎたのでバランスが崩れて最後の方はご飯が残り少なくなってしまったが、基礎代謝が高い若者ならご飯をお代わりしてもいいと思う。

おじさんである僕は無理せずにお代わりはやめておいた。

味噌汁の具はワカメ、油揚げ、長ネギ。これもうめえ。

 

あっという間に完食。

だんだん店内が混雑してきたので帰るとしよう。

僕も少し上を目指してみようかな?と変な気持ちになってしまった曇り模様の金曜日でした。

ごちそうさまでした。

 

帰りに券売機のところで行列が出来ていました。

とは言っても、店内はまだまだ余裕があったのですぐに列は解消されるでしょう。 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

■今回注文したメニュー

メニュー名 金額(税込)
万世メンチかつ丼 650円

 

■その他の主なランチタイムメニュー

メニュー名 金額(税込)
ロースかつ定食120g 750円
ロースかつ定食150g 950円
チキンかつ定食 750円
唐揚げ定食5P 730円
ロース120gと唐揚げ定食 960円
ヒレかつ定食90g 950円
ヒレかつ定食120g 1150円

 

■お店情報

店名 肉の万世 呉越同舟にくのまんせい ごえつどうしゅう
営業時間 平日 11時30分〜14時00分(L.O.)
17時00分〜23時00分(L.O.)23時30分(クローズ)
土曜日 11時30分〜15時00分(L.O.)
17時00分〜22時00分(L.O.)22時30分(クローズ)
住所 東京都千代田区神田須田町2-21 万世橋際角肉ビル地下1階
Google マップ
最寄駅 JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩4分

 

■ぼっちめし情報

  • 地下に降りたところに券売機があるので食券を購入する。
  • テーブル席のみ。
  • 入り口で店員さんに案内されて席に着く。その場で食券を渡す。
  • 食券を渡す時にご飯の量を選べる。
  • 紙ナプキンあり。
  • 水は店員さんが持ってくる。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK

 

■訪問日時

  • 2019年4月26日(金) 11時35分

店舗情報などは訪問時の情報です。これらの情報は変わる可能性があります。