秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に食べられるお店を紹介するブログです。

これこれ、こういうのでいいんだよ。うちだで食べる家庭的な料理

お昼前後に妻恋坂交差点から蔵前橋通りを水道橋方面に歩いている人なら見たことあると思うこの看板。 

f:id:akiba_bottimesi:20190423181630j:plain


僕は今リモート勤務だけど、職場に通っていたころは通勤時に「うちだ」のランチ看板はよく見ていて食べたいなあと思ってた。


だって最近こういう個人でやっていそうな家庭的な定食を出すお店が減ってきたからね。

かといってチェーン居酒屋ランチとかだと冷食揚げただけとかの少し寂しい感じがするし。


そんなわけで数少ない秋葉原で食べられる家庭的な定食を出す「うちだ」にやってきました。

f:id:akiba_bottimesi:20190423181739j:plain

 

「うちだ」のランチメニューは日替わりとビーフカレーの2種類です。

蔵前橋通りから少し横に入った所に店があるため、蔵前橋通りにランチの看板が置いてあります。

その看板に日替わりのメニューが書いてあるので、店に入る前に日替わりにするかカレーにするか決めておきましょう。

 

本日の日替わりは親子丼と新玉ネギの天ぷらです。

店内に入って1名ということを伝えると、日替わりかカレーか聞かれます。なんという効率的なオペレーション。


ランチ開始直後に入ったため、1番乗りでした。

すみっこが好きなのでカウンターの一番奥へ着席。

テーブルにはすでにお盆と新玉ねぎの天ぷら、漬物が用意されていました。

しばらくして親子丼が到着。

f:id:akiba_bottimesi:20190423181634j:plain

 

刻み海苔多すぎw

写真では立体的に見えないですが、結構な量が乗っています。

いや、いいんです。海苔は大好きなので多ければ多いほど嬉しいんです。

ただ海苔って高いじゃないですか。消費者向けの料金だとハガキサイズで10円くらいするよね?

そんな高いものを大量に乗せてくれるなんてなんと素晴らしいお店なんでしょう。

 

親子丼もちゃんと鶏肉も玉ねぎもしっかり入っているし、卵の量も適切だし、ふんわり美味しいし、なんというかお袋の味。

新玉ねぎの天ぷらは家庭的な感じ。これもお袋の味。

味噌汁もほうれん草?が沢山入って美味しい。これもお袋の味。

漬物もお袋の味。

麦茶もお袋の味。

 

おかあさーん!!

 

いやー、これはいいお店だ。後から入ってくる人たちはみんな常連っぽい感じだったのもわかる。通いたくなるお店。それが「うちだ」。

もしかして「うちだ」は「内田」じゃなくて「家だ」なのかもしれない。

メイドカフェが「お帰りなさいませご主人様」なら、「うちだ」は「アラおかえり、ご飯できてるから早く食べなさい」という感じだ。

 

おかあさーん!!(2回目)

 

近いうちにまた来よう。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

■訪問日時

  • 2019年4月18日(木) 11時30分

■お店情報

  • うちだ
  • 営業時間
    • ランチ 11時30分〜14時00分
    • 夜 16時30分〜22時00分(ラストオーダー21時00分)※夜は居酒屋タイム(?)
    • 土日祝日休み
  • 住所 東京都千代田区外神田6丁目2-1 Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 入店時にメニューを日替わりかカレーか聞かれる。
  • テーブル席、カウンター席あり。
  • お冷は店員さんが持ってきてくれる。
  • 紙ナプキン類はなし。
  • 食べ終わった食器はテーブルに置いたままでOK
  • 帰るときにカウンター端のレジにて料金を支払う。