秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に食べられるお店を紹介するブログです。

両さんがいそうな大衆居酒屋で土曜刺身ランチ。とんとん亭

土曜ですがランチ行ってきたのでブログ書きます!

先週は神田明神のお祭りで沢山の人で賑わってましたね。今週は浅草神社のお祭りみたいです。

朝から汗ばむ気温の秋葉原駅周辺は人が結構いました。

そんな騒然たる秋葉原駅からは少し離れた総武線高架の横を浅草橋方面へ少し歩いたところにあるとんとん亭でランチです。

余談だけど、休日朝の昭和通りから総武線高架横の路地に入った途端人の気配が急に少なくなる瞬間が好き。
f:id:akiba_bottimesi:20190518144918j:plain

とんとん亭は夜は居酒屋なのでぼっちではキツイかもです。

でも安心してください。昼はぼっちでも大丈夫ですよ。

平日の昼はだいぶ混みそうですが、今日は土曜日だし早めの時間に行ったので空いていました。お昼過ぎになれば人が増えるのかな。

店の前まで行ったら中で食べている人がいたので入店。そしたら食べていたのは店員さんでしたw入ってよかったのかな?

店員さんがこれ美味しいよ!と日替わりランチのメニューを持ちながら教えてくれた刺身定食にしました。日替わりのようです。

平日の日替わりはAランチ、Bランチの2種類ですが、土曜は日替わりは1種類のようです。日替わり以外のメニューは平日と同じかな?たぶん。

f:id:akiba_bottimesi:20190518144933j:plain

f:id:akiba_bottimesi:20190518144941j:plain

ランチメニューを見ると揚げ物とか焼肉とかガッツリ系が多いです。コスパもいいし、ガッツリ食べたい時にいいお店ですね。

店内はカウンター(使っているか不明)が数席と、テーブルが結構あります。

店内のでかいテレビをみつつ麦茶を飲んでいると刺身定食が到着しました。

f:id:akiba_bottimesi:20190518144949j:plain

色々付いてる。これはよさそうだ。

刺身はタコとしめ鯖、ネギトロ。それ以外に豚バラの焼肉と、鳥の唐揚げ、大根の何か(煮物?でいいのかな?)、味噌汁。

さっそくいただきます。

味噌汁はしじみ!ランチでしじみの味噌汁とかあまり見かけないから嬉しい。

焼肉美味い!ご飯が進むいい感じに甘めな味付けです。焼肉だけでご飯を全部食べてしまいたくなりますが刺身もあるのでご飯の量を考えながら食べ進めます。

刺身のタコ、しめ鯖、ネギトロは普通に美味しいです。しめ鯖久しぶりに食べた気がする。

唐揚げは居酒屋でよくあるような唐揚げ。美味しいです。

ご飯は炊きたてアチアチで、しかも結構いいコメ使っていそうな美味しいご飯。

飲食店にとってコメの品質は重要だと思っている僕にとっては満足なご飯です。

他のメニューも食べてみたくなった土曜のランチでした。次回は平日の昼に来たいところです。

ごちそうさまでした。

 

少し前から一部の総武線高架下の建物が無くなって見晴らしが良くなっていたのですが、今日は人通りが少なかったのでじっくりみてきました。

随分古い高架だなあと思ってググったら昭和7年完成とか。90年近くも前とは。耐震工事とかするために建物撤去したのかな?いずれは建物とかできるのだろうか。

とんとん亭に行くなら、今しか見られないかもしれないアーチ型のレトロな高架を見ながら行くのもいいかもです。

f:id:akiba_bottimesi:20190518154455j:plain

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月18日(土) 11時10分

■お店情報

  • とんとん亭
  • 営業時間
    • 平日
      • 11時00分〜14時30分
      • 17時00分〜22時45分くらい(夜は居酒屋タイム)
    • 土曜
      • 11時00分〜14時30分
    • 日曜定休
  • 住所 東京都千代田区神田佐久間町3−21
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 好きなところもしくは指定された席に座る。
  • メニューが決まったら店員さんに伝える
  • お冷は店員さんが持ってきてくれる
  • 紙ナプキン類なし。
  • お会計は店内入り口近くのレジに伝票を持って行って支払う。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK

街の洋食屋の模範的な店。洋食工房ジェンコ

昔は「模範的な人になりなさい。」とか言われて育ってきたけど、反面教師にされる人になってしまったおじさんです。

なぜこんな人に育ってしまったんだろう。心に手を当てて考えていたら心当たりが多すぎて分からなくなりました。

そこで模範的な洋食屋さんでランチでも食べて僕も模範的なおじさんを目指すことにしました。

こいつなに支離滅裂なこと言ってんだ?と思った方も多いでしょう。僕も自分で書いていて支離滅裂すぎるな。と思いました。

 

さて今日やってきたのは秋葉原の東側(昭和通りのほう)にある洋食工房ジェンコです。いわゆる街の洋食屋さんですね。

JR秋葉原駅の昭和通り口から徒歩5分くらい、東京メトロ日比谷線の1番出口からなら徒歩3分くらいのところにあります。

店の直前までは分かりやすいのですが、店のすぐ前が少し分かりにくいです。看板があるのでそれを見逃さないようにしましょう。

f:id:akiba_bottimesi:20190517121053j:plain

到着して店頭のメニュー看板で日替わりセットを確認です。

日替わりランチは日替わり一品と選べる一品がセットになったメニューです。(ご飯とスープもつきます)

今日の日替わり一品は「明太チーズチキンカツ」です。もう名前からして美味いのがわかる。

選べる一品は、エビフライ、ホタテフライ、メンチカツ、チキンカツ、サーモンフライ、キスフライ、鳥の唐揚げ、えびかつ、カニクリームコロッケから選べます。

f:id:akiba_bottimesi:20190517132939j:plain

店内に入って注文しました。僕は日替わりランチで選べる一品はエビフライにしました。

店内はカウンターが7か8席くらい。テーブルが6人用と4人用が1つずつ。混雑時は相席になります。

僕は開店直後に入ったのでカウンターの好きな席を選べました。

この店では弁当も売っており、その弁当の準備も含めランチの準備で忙しそうです。

日替わりメニュー以外のランチメニューもあります。

f:id:akiba_bottimesi:20190517132946j:plain

ハンバーグ、メンチカツ、チキンカツのいずれかに、もう一品追加できるのが基本です。

カレーもあるし、メニューはかなり豊富です。ビールもあるので同じ会社の人とエンカウントしない程度に会社が離れている人はランチビールを飲んでシャキッとすることもできますね。

あっ、こういうこと言うから反面教師にされるのか。

さて届きました。日替わりメニューの「明太チーズチキンカツ&エビフライ」です。

f:id:akiba_bottimesi:20190517121115j:plain

うまそう!タルタルソースを少し舐めてみたら美味い!タルタル美味い!

まずはチキンカツのほう。ソースをかけて食べてみました。

チーズとめんたいの味がふんわり伝わってきてこれは美味しい。チキンカツの切り口からチーズとめんたいこソースがトロトロ溶け出してきていて、見ているだけで美味い。僕は食べ始めると集中してしまうので写真はないです。すみません。

次はエビフライ。

たっぷりタルタルをつけて食べてみます。

エビが太い。エビの味がすごい。これはいいエビフライだ。タルタルもいい。なんかいい。しっぽまで美味しいエビフライでした。

サラダにかけるドレッシングも美味い。もしかして店で作ってるのかな?

オニオンスープを飲んで完食。

トラディショナルなものはしっかり守りクオリティを保ちつつ「めんたいチーズチキンカツ」のような独自のメニューにも挑戦する街の洋食屋の模範的なお店でした。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月17日(木) 11時10分

■お店情報

  • 洋食工房 ジェンコ
  • 営業時間
    • 11時00分〜15時00分
    • 18時00分〜20時30分
    • 土日祝日定休
  • 住所 東京都千代田区神田和泉町1-12-1
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 好きなところもしくは指定された席に座る。
  • メニューが決まったら店員さんに伝える
  • お冷は店員さんが持ってきてくれる
  • 紙ナプキンあり。
  • お会計は店内奥のレジに伝票を持って行って支払う。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK

今日の俺は面食い…いや、麺喰いだ!「つけ麺専門 百の輔(もものすけ)」

おじさんになると満腹中枢がぶっ壊れる。僕も例外ではなく満腹の信号が脳に到達してから満腹だと認識するまで時間がかかる。

だからアホみたいな顔してウマいウマい言いながらバクバク食べ過ぎてしまうのだ。

そして太る。腹だけ太る。優しい言葉で言えば腹だけ成長期。

 

そんな脳みそがぶっ壊れていて沢山食べてしまうおじさんに最適なつけ麺のお店ができたので行ってきました。

場所は秋葉原駅側から見てAKIBAカルチャーズZONE(旧ザコン)を少し過ぎたあたり、元はNECクラサバ市場があったビル。

店名は「つけ麺専門 百の輔(もものすけ)」です。2019年5月13日オープンなので出来たばかり。

元々は新宿で営業していたようで、移転リニューアルです。

f:id:akiba_bottimesi:20190516130636j:plain

どうも人気店のようで、夕方行ったら売り切れだったとか話を聞くのでオープン時間の少し前に到着するように家を出発。

そしたらすでに並んでいる人が。。

ほぼ時間通りに店が開いて順番に食券を購入していきます。

f:id:akiba_bottimesi:20190516130646j:plain

つけ麺は4つのスープがあり、濃厚魚介豚骨、和風トマト、エビとイカ墨、カレーの4種類。スープの種類で値段は変わりません。

和風トマトとかカレーのつけ麺は珍しいと思う。

少し迷ったがエビとかイカが好きなのでエビとイカ墨の通常版を注文。カレーは次回にしよう。

 

食券を渡す時に麺の量を聞かれます。

麺の量は並から超特まで5種類。超特の500グラムまで増量無料です。それ以上は100グラムごとに80円です。

僕は300グラムの大盛りを注文。

f:id:akiba_bottimesi:20190516130653j:plain

店内はカウンターが8か9席くらい。小さなテーブルが1つあったが常設 かどうかは不明。

麺の茹で上がりが8分ほどかかるため少し待ち時間があります。こういうときは秋葉原で手に入れた戦利品を眺めるのがアキバボーイというものです。僕は何も持っていないので何もすることがなかったですけど。

満席の店内で、まだ11時なのに皆んななんでこんな時間につけ麺食いに来れるの?なんの仕事してんの?なとどブーメラン食らいそうな疑問を思い浮かべながら待っていると到着しました。エビとイカ墨つけ麺です。

f:id:akiba_bottimesi:20190516130701j:plain

イカ墨なので当然といえば当然ですが、スープが真っ黒です。

そして麺。大盛り300グラムは多かったかも。太麺がドスンとドンブリに入っています。

厚さ1cmくらいもあるチャーシューも圧巻です。一番安い通常版でもこんな立派なチャーシューが付いてきて太っ腹。僕も物理的に太っ腹ですが。

写真の腕がアレなのでチャーシューがしょぼく見えますが、実際は存在感たっぷりのチャーシューです。

 

さっそくいただきます。

つけ麺って麺を箸で掴んでスープに入れるの少し難しい。滑るし麺が長いし。

今回も難儀しました。

なんとか麺をスープにつけて食べることが出来ました。

口に入れてすぐに濃いエビの味が脳みそに突き刺さってきます。満腹中枢もこれくらいビンビン動いてくれると助かるんですが。

これはエビ好きにはたまらんですよ。

大好きなエビに囲まれながらつけ麺を食べる幸せ。至福である。

イカの味については僕の安い舌ではよくわかりませんでした。これがイカだ!って感じじゃなくて、奥の方にジワジワ効いてる感じでイカが潜んでいるのだと思います。いかちゃんエンジョイ勢なのでよくわかりませんが。

味が染み込んでいるチャーシューもウマい。

スープの中に細かく刻んだチャーシューも入っていました。これもウマい。

しかし大盛りは少し多かったかも。どちらかと言えば遅めのランチでお腹ペコちゃん!という時に頼むべきだったか。

掘っても掘っても麺。無心に食べてようやく食べきる頃にはスープは9割くらい無くなっていました。なので今回はスープ割りで割るのはなし!

スープの味も複数から選べるし、全部の味を制覇したいと思える良いお店でした。

ごちそうさまでした。

 

しばらく平日昼や土日は混みそうです。早めに行くか時間をずらすといいと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月16日(木) 11時00分

■お店情報

  • つけ麺専門 百の輔(もものすけ)
  • 営業時間
    • 11時00分〜22時00分(品切れ次第閉店)
    • (いつまでか不明だが一時的に11時00分〜18時00分までの営業)
    • 不定休
  • 住所 東京都千代田区外神田1丁目6-3
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 店の入り口は明神通り(大きい通り)側の入り口。横のドアは出口専用
  • 店内入り口横にある券売機で購入する。
  • 好きなところもしくは指定された席に座る。
  • 食券を店員さんに渡す
  • お冷は店員さんが持ってきてくれる
  • 紙ナプキン、紙おしぼりあり。
  • 紙エプロンは店員さんに言うか券売機の上に置いてあるのを使う
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK
  • 混雑時に店から出るときは店内奥の出口から出る

肉ドーーーンッ!!丼やまの

数年前までは秋葉原の飲食店といえばカレー屋とラーメン屋が多かった。

今もカレー屋ラーメン屋は多いのだが、近年急激に進出してきたジャンルがある。

それは肉である。「にく」。いい響きである。

ステーキ、ハンバーグ、焼肉丼、ローストビーフ。肉祭りかよというくらい肉料理を出す店が増えた。

老舗である肉の万世のすぐ近くにもいきなりステーキができるくらいである。

「お前ら肉好きそうな体型だからステーキ屋作るわ」とか言ってそう。はいその考えは正解です。

 

そんな肉料理の聖地になった秋葉原ですが、焼肉丼を出す店が気になったので行ってきました。

JR秋葉原駅の昭和通り口から徒歩5分かからないくらい。相変わらずこっちの方は似たような道ばかりで分かりにくい。

楽器とか好きな人はイケベと総武線の間の通りと言えば分かりやすいかもしれない。

f:id:akiba_bottimesi:20190515130132j:plain

最初見た時「DON!YAMANO」を見てドン小西みたいな名前なのかと思ったけど「丼やまの」でした。

店の外にはたくさんの張り紙で情報過多すぎて僕の頭では処理しきれずアワワワとなってしまいます。

到着したのは開店時間から15分くらいたったころ。席が1/3くらい埋まっていました。

店内の券売機で美味しそうで予算内に入るハラミ丼を購入。他には煮豚丼やカルビ丼、和牛丼があるようです。

食券を渡したときにご飯大盛りにするか聞かれました。もちろん大盛りです。

f:id:akiba_bottimesi:20190515130142j:plain

店内はカウンターのみ10席くらい。

牛丼チェーンのような内装です。こういうのでいいんだよ。

肉丼ということで男ばかりかと思ったけど、女性も2人ほどいました。どちらもカップルだったけど(絶望)

待っている間もどんどん人が入ってきます。(丼だけに)

食券を渡してから数分、ハラミ丼が到着しました。

f:id:akiba_bottimesi:20190515130148j:plain

肉だ!肉です!肉ですよ!

結構厚めの肉がごろごろ入っています。あとキャベツとキムチ。

さっそくいただきます!

肉やわらけー。簡単に嚙み切れる柔らかさ。ウマい。肉ウマい。

ドンブリものは大好きだ。焼肉をご飯にポンポンすると怒りだすポンポン警察がいるがドンブリだとそういうマナーは無い。ポンポンどころか最初から肉が乗っているのだ。

焼肉丼のタレは最初からかかっているけど、テーブルに置いてあるタレを追加でかけることもできます。

しかし、僕が座った席は角の席で、ちょうど手に届く範囲にタレがなく、コミュ障の僕には隣の人に声をかけることもできず、デフォルトの状態でいただきました。

柔らか肉と少し固めに炊いたご飯がぴったりで、たまに食べるキムチもさっぱりしていて美味しい。肉とキムチを一緒に食べるともっと美味しい。ご飯大盛り頼んでよかった。

あっという間に完食。この厚い肉を焼肉丼と言っていいのかわからないけど、肉を食べて幸せな気持ちになったランチでした。

ごちそうさまでした。

 

スタンプカードをもらえました。5回ごとにトッピングなどがもらえ、20回で〜¥790丼が提供されるようです。

ちなみにスタンプカードの表紙の印刷が反転しているのは何か意図があるのか間違えたのかは不明です。たぶん間違えたんだろうね。

f:id:akiba_bottimesi:20190515135312j:plain

 

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月15日(水) 11時45分

■お店情報

  • 丼やまの
  • 営業時間
    • 11時30分〜21時00分
    • (2019年6月前半くらいまで〜15時のランチのみ営業)
    • 不定休
  • 住所 東京都千代田区神田佐久間町3丁目1-3
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 店内入り口横にある券売機で購入する。
  • 好きなカウンターに座る。
  • 食券を店員さんに渡す
  • 紙ナプキン、紙おしぼりあり。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK

優等生系つけ麺志奈田

小学や中学のクラスに一人か学年に一人くらい突出した優等生がいたよね。

勉強はできる、スポーツもできる、絵を書けば入賞、性別やスクールカーストに関わらず平等に優しく接するイケメン。

そんな優等生と真逆のぼくはいつも指をくわえて「神様。ぼくのパラメーター間違えていませんか?」などと人のせいにばかりしていました。

ラーメン(つけ麺)にも優等生がいると思う。食べた後そんな感想になるお店「志奈田」に行ってきました。

 

志奈田は昌平橋通りの昌平小学校の近くにあります。

人気店なので オープン直後に入店。すでに2名ほど先客が。

ボタンがたくさんある券売機は、ぼくの後ろに並んでいる人がいないにも関わらず早く決めないといけない謎の圧力があります。

とりあえず一番スタンダードっぽい「純濃煮干つけ麺」にしました。

f:id:akiba_bottimesi:20190514120726j:plain

食券を店員さんに渡すときに麺の量を「大・中・並」から選んで伝えます。

僕は大か中で悩みましたが中にしました。

 

カウンター10席くらいの奥行きがある店内。綺麗な店内です。女性も気軽に入れるお店だと思います。

店内にはサイン色紙がたくさん飾ってありました。しかしテレビを持っていない僕は誰なのかさっぱりわかりませんが、たぶん有名な人なのでしょう。

さっきは券売機の圧力であまりメニューを観察できなかったのでカウンターにあったメニューを眺めてみました。

つけ麺のお店かと思ったら、普通のラーメンもあるみたいですね。と、ここでこのブログを書くために写真を貼り付けていたら曜日限定イベントなるものが書いてあることに気がつきました。

今日は火曜日。「メンズday ごはんor賄いごはん無料」とあるじゃないですか。

食べたかった。。そんなの知らなかったよ。言ってよー。

これを読んだ方で火曜日にお店に行った男性の方はぜひ賄いご飯をゲットしてください。

水曜日はレディースdayで豆乳プリンサービスだそうです。

f:id:akiba_bottimesi:20190514120732j:plain

10分経たないくらいで頼んだものが来ました。純濃煮干つけ麺です。

f:id:akiba_bottimesi:20190514120735j:plain

麺の上には肉とシソがのっています。スープのほうはドロドロ系でいかにも濃厚という感じ。濃厚なつけ麺は好きなのでこれは期待できます。

さっそくいただきます。

めっちゃ濃厚です。煮干しの風味がブワーッと広がる、家庭のカレーくらいドロドロなスープ。幅が5ミリくらいの広くて薄いツルツルした麺にスープが絡んで美味しいです。

お肉もスープに浸けて麺と一緒に食べるのもいいね。

細かいスープの原料や製法とかはまったく分からない素人だけど美味しいことだけはわかります。麺の量は「中」にしたのですが、このスープなら「大」でもつるっと食べられてしまいそう。

麺にスープが絡みまくるので麺を全部食べたらスープの6割くらい無くなっていました。

最後に無料のスープ割りを注文。このお店ではスープのどんぶりを店員さんに渡して入れてもらうタイプ。

割っても煮干しの風味がして美味すぎます。ほぼ飲み干して完食。

志奈田のつけ麺はスープや麺などすべて抜かりない優等生でした。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月14日(火) 11時05分

■お店情報

  • 九十九里煮干つけ麺 志奈田
  • 営業時間
    • 平日、土曜
      • 11時00分〜15時00分(ラストオーダー)
      • 17時00分〜20時45分(ラストオーダー)
    • 日曜
      • 11時00分〜18時00分
    • 月曜定休
  • 住所 東京都千代田区神田佐久間町1丁目21
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 店内入り口横にある券売機で購入する。
  • 案内されたカウンターに座る。
  • 紙ナプキンあり。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK
  • つけ麺のスープ割りを頼む時は店員さんに言ってスープどんぶりを渡す。