秋葉原ぼっちめし

秋葉原周辺の一人でも気軽に食べられるお店を紹介するブログです。

オムライスは包む派だけど、ふわとろオムライスを食べてきた。神田たまごけん

包む系のオムライスが大好きだ。

しかし包む系のオムライスの店は絶滅寸前なんじゃないかと思うくらい少ない。

ふわとろ系ならそこそこある。

無いものは仕方ないので、ふわとろを食べることにする。

しかしまだ問題があるのだ。

オムライスはケチャップ派なのだが、最近はドミグラスやらクリームソースやら、なんだかオシャンティーなソースがかかっている。

まあプロの料理人が一生懸命試行錯誤して出来たメニューなのだからうまいんだろうが、そうでは無い。ケチャップのオムライスが食べたいのだ。

 

そんな訳でふわとろオムライス専門店の「神田たまごけん」に行ってきた。

神田たまごけんは、秋葉原に行くような人なら100%の認知率を誇るであろう「牛丼サンボ」の横の道を入ったところにある。

いろんな注意書きが書いてある道を進むとお店がある。

f:id:akiba_bottimesi:20190522131101j:plain

ここの店は、ふわとろ系だし、いろんなソースのオムライスがあってケチャップがかかっているオムライスは出してない。

しかし裏技があるのだ。

さっそく店に入り券売機で食券を購入する。

f:id:akiba_bottimesi:20190522131206j:plain

ここでトマトソースのオムライスを探す。

探す。

探す。

探す。

あれ?見つからない。と思ったら一番右側に小さくありました。

そんなわけでトマトソースを購入。この店では一番安い720円です。

そして、購入した食券を渡すときに店員さんに「トマトソース抜きで」と注文。

こんなことを言うと横から「トマトソースのオムライスを選んでおきながらトマトソース抜きとはどう言うことだ?ラーメン屋でチャーシューメン頼んでチャーシュー抜きを頼むようなものだろ」とかいうお節介な二郎系体型のレポっすおじさんが出てくるかもしれない。しかしそんなお小言は今の俺には無駄だ。

なぜなら酸味が強いトマトソースはケチャップとは方向性が異なるためトマトソースは必要ないのだ。

 

店内はカウンターのみ10数席、注文後にチキンライスを炒めて、さらにふわとろたまごを作ります。

数分待ち時間があるので、その間は卓上にあるスイートピクルスなんかを食べながら待ちます。

f:id:akiba_bottimesi:20190522132534j:plain

このスイートピクルスが結構おいしい。安いハンバーガーに入っているヘナヘナのピクルスは好みではないけど、このスイートピクルスは好き。

さらにスープも無料で付いてきます。スープも美味しい。スープはお代わりできます。

スイートピクルスを食べていたら到着しました。

「トマトソース抜き」のふわとろオムライスです。

f:id:akiba_bottimesi:20190522132933j:plain

これに卓上のケチャップをぶっかけるのだ。

そう。たまごけんでは卓上にケチャップが常備されているのだ。

好きなだけケチャップをかけるがよい。

f:id:akiba_bottimesi:20190522133341j:plain

どや!

包む系は諦めるとしても、ケチャップのオムライスは食べることができる。

さっそくいただきます。

これだよこれ。こういうのでいいんだよ。

少し酸っぱくて少し甘い。ケチャップがかかったオムライスは最高だよ。

もうデフォルトでこのケチャップのオムライスを出して欲しいくらい。

中のチキンライスも美味しい。特に炒めた鶏肉が香ばしくてすごく好き。

この店のチキンライスはとても美味しい。鶏肉など具がちゃんとゴロゴロしている。

作り置きじゃないのも嬉しい。

ふわとろたまごもバターの風味がとてもいい。チキンライスととても合う。もちろんケチャップとの相性もバツグンだ。一瞬、ふわとろ派に引き込まれそうになった。

うまいものはすぐ食べてしまう。たくさん食べたい人はプラス100円で大盛りにできるので、大盛りを注文するといいと思う。

一番安いメニューを選んでカスタマイズ注文をするとか店にとっては迷惑かもしれない。しかしやっぱりオムライスはケチャップが最高だと再認識したのでした。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

■訪問日時

    2019年5月22日(水) 11時30分

■お店情報

  • 神田たまごけん 秋葉原店
  • 営業時間
    • 11時00分〜21時00分
  • 住所 東京都千代田区外神田3丁目14-3
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 入り口横の券売機で購入する
  • カウンターの好きな席に座る
  • 食券をカウンターへ出す
  • カウンターにコップとお冷ピッチャーがある
  • 帰る時に食器はそのままでOK
  • 紙ナプキンあり

感謝のお店でステキなステーキカレーを食す。新田毎

人に感謝されないようなおじさんです。

しかし人に感謝されるというのはとても嬉しいことなのです。

なにか感謝されるような場面はないかと探していたら見つけたので感謝されに行ってきました。

f:id:akiba_bottimesi:20190521130454j:plain

さて、これはJR秋葉原駅の入場券です。

感のいい人は気づいていると思いますが入場券ということは今日のランチは駅構内のお店ということです。

JR秋葉原駅は何年か前に小綺麗になってからフードコートができたりしましたが、そこじゃないです。

まだ古いままの総武線千葉方面ホーム(6番線)にある駅蕎麦屋の新田毎(しんたごと)です。

ここの名物としてステーキカレーがあるのですが特定の曜日だけ安くなるのです。

f:id:akiba_bottimesi:20190521130511j:plain

見てください。火、木、土、日は1100円のステーキカレーが690円に。

月、水、金は670円の親子丼セットが590円になるのです。

今日は火曜。ステーキカレーが690円になる日です。

こんなことを言うと「それはもう690円が定価みたいなもんだろ」とか言う人が出てくるかもしれないが、それは野暮というものだ。

なんてったって「お客様感謝デー」なんだよ。めちゃくちゃ感謝しまくりのこのお店で素直に感謝されてくるのが粋ってもんよ。

なお、新田毎は有楽町の「ふくてい」というカレー屋の姉妹店とのこと。

カレー屋の姉妹店ならカレーのほうも期待できる。

「ふくてい」でもステーキカレーを出していて人気らしい。

えっ?「ふくてい」のステーキカレーはいくらだって?そういう野暮なことは聞いてはいけない。ググるなよ。絶対ググるなよ。

 

さて今日は大雨で駅に着くまでにずぶ濡れになってしまった上にスマホをPixel3aに変更していまいちカメラの操作が慣れていなくてテンパってしまっていたので店の外観や券売機の写真は撮り忘れました。

ステーキカレー以外は普通の駅蕎麦という感じのラインナップです。

お蕎麦では春菊天そばが人気のようです。

券売機でステーキカレーを購入して店員さんに渡します。

すぐ横の給水機でコップに水を入れている間にステーキカレーが出てきました。これだよ。この駅蕎麦の迅速さ。

さっそくカレーを持って奥の席に進みます。

f:id:akiba_bottimesi:20190521130522j:plain

ううむ。焼く前は厚さ1cmくらいはあったであろうちゃんとした肉だ。

さっそくいただきます。

ん?ちょっとまてよ。なんか目の前になんかある。

ちょうど座った席はスタバと向かい合ってる。

f:id:akiba_bottimesi:20190521145033j:plain

おしゃれなスタバで男女で歓談しながらおしゃれな何かを飲んでいる人。片や感謝デーのステーキカレーを一人で食べるおじさん。

自分はあっち側の人間になれなかったのはなぜだろう。どこで間違えたのだろう。と考えて少し目が潤んできた。

 

さて、そんことより肉だ!ということで肉とご飯とカレーをスプーンに乗せて食べてみました。

カレーはスパイシーさがあまりない甘めのカレー。懐かしい感じのカレーです。

そして肉。肉だ!肉!。。。。ん?待てよ。これは肉だ。肉なんだがカレーの味のほうが強くて肉の味が負けてしまっている。

ステーキは焼きたてでジュワジュワしているときが一番美味しいのだと思うが、流石に駅蕎麦屋では無理ってもんだ。だから冷めているステーキは仕方ない。

でもステーキソースとかがあれば少しはレベルアップしそうな感じがする。

しかし肉には変わりない。カレーの中に分厚い肉が入っている豪華なビーフカレーだと思えば納得できる。

豪華ビーフカレーだと思った瞬間、こいつのレベルはかなり上昇した。真っ赤な福神漬もいいアクセントになる。

この豪華ビーフカレーは感謝のカレーだ。俺が豪華ビーフカレーに感謝するんだ。こんな豪華なものを690円で食べさせてくれてありがとう。

そんな感謝の気持ちになりながら最後の一口を食した。

 

さて総武線ホームはもう一つ有名店がある。

スタバではない。

ミルクスタンドである。

新宿方面行の5番線には「ミルクスタンド」という名前の店。

千葉方面行の6番線には「ミルクショップ LUCK 酪」という名前の店。

ミルクスタンドというだけあって牛乳類を売るお店である。

どちらの店舗も扱う商品は同じ。運営会社も同じ大沢牛乳である。

余談だがJR御徒町駅の北側にある改札外にあるミルクスタンドも同じ運営会社である。

f:id:akiba_bottimesi:20190521141558j:plain

せっかく入場券を買ってまで駅の中に入ったんだからミルクスタンドでコーシーでも飲んで帰ろうと思い寄ってみた。

スタバがなんだ。コーヒー牛乳くらいスタバじゃなくても飲めるわ。

しかし相変わらず種類が多い。牛乳類だけじゃなくて野菜ジュースなんかもある。

あまり東京では売っていない地方の牛乳なんかも売っていたりする。

僕は迷わず「酪王カフェオレ」です。これがミルク感が強くてうまい。

パッと130円を支払い、店員のお姉さんが蓋を取ってくれる。そして横の台で一気飲み。

f:id:akiba_bottimesi:20190521130537j:plain

やっぱり瓶のコーヒー牛乳はうまい。一瞬で飲みきる。そしてビンをカウンターに返して終わり。注文してから瓶を返すまでほとんど時間がかかってない。忙しい朝でも大丈夫だ。

スタバじゃここまで早くないだろうな。まだ呪文のような注文をしている途中だと思う。ミルクスタンドの勝利である。

なおミルクスタンド2店舗とも6時から21時の営業だけど、店舗横の自販機でも買えたりするので、営業時間外でも牛乳やコーヒー牛乳が飲める。

自販機の牛乳などはパックなので会社や家に持っていくのにも便利だと思う。

こういう店は貴重だ。総武線ホームを使うときはできる限り利用することにしよう。

みなさんもぜひお気に入りの牛乳などを見つけてください。

 

ごちそうさまでした。

読んでいただきありがとうございました。

 

■訪問日時

    2019年5月21日(火) 11時30分

■お店情報

  • そば処 新田毎(しんたごと)
  • 営業時間
    • 6時30分〜23時00分
  • 住所 東京都千代田区外神田1丁目17-6
    • JR秋葉原駅構内6番線ホーム
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 入り口横の券売機で購入する
  • 食券を受け取りカウンターへ出す(店員がいなければ呼ぶ)
  • その場で待つ(時間がかかる場合は言われるので席で待つ)
  • できたものを持って好きなところに座る
  • スプーンは受け取りカウンター。箸は席にある
  • お冷はカウンターにコップと給水機がある
  • 帰る時に食器は店内奥の返却口に持っていく
  • 紙ナプキンあり

勇気を出して入るがよい。そして伝道師となるのだ。あきば食堂

今日は「あきば食堂」にしようかと営業時間を確認するために食べログを見た所、なんとショッキングにも「掲載保留」の印がついてるじゃないですか。

これって営業してなくて連絡がつかないから、いわゆる「潰れた」と見なされたということですよ。レトロ食堂のあきば食堂がまさか。この前店の前通ったときはまだ看板出ていたのに。

こんなことならもっと通うべきだった。と後悔しつつ一応念の為にと店の前を通ったところ普通に営業してましたw

なんてこったい。食べログひどすぎるだろ(怒)

 

そんなあきば食堂は、路地裏からさらに路地裏に入ったところにあります。

ジャンク通りのカレーのアルバと外神田唯一の100円ショップの間にある狭い道を入ると店はあります。

店の前の道はすごく狭いけど車も通る道のようです。こんなところ車で通れるのMr.ビーンくらいだと思う。

店は少し入りにくい雰囲気があります。

いや、一人で入りにくいというのはちょっと違うかもしれない。うまく説明できないけど。

RPGでいうと、城の前に近衛兵が立っていて「キサマは入る資格はない」と入れてくれいないオーラがあるのです。

しかし安心してください。「ちょっとの勇気」が店へ入るアイテムとなるのです。

f:id:akiba_bottimesi:20190520123224j:plain

さっそくちょっとの勇気を装備して入店。

オープン直後だと思われるときに入ったので客は自分一人のみ。

外の看板にもメニューが書いてありますが、店内にも掲示してあります。どちらの看板もかなり使い込まれていい感じになっています。

f:id:akiba_bottimesi:20190520123232j:plain

日替わり定食は1種類。

日替わりのみライス、味噌汁がセットです。

それ以外のメニューはライス、味噌汁は別売りです。ライス、味噌汁を頼むのを忘れないようにしましょう。

 

日替わりのコロッケ定食を注文。こんな都心のど真ん中で600円ですよ。お得です。

店内はかなりレトロ。相当前から営業していると思われます。

僕はこういう雰囲気が落ち着くので大好きです。

f:id:akiba_bottimesi:20190520123240j:plain

注文してから少し時間がかかります。

しかしテレビもあるし新聞、スポーツ新聞、ジャンプなどの漫画雑誌があるので待ち時間は特に気になりません。

平日のサラリーマンだけでなく、土曜に秋葉原へ買い物にきたアキバボーイにとっても漫画読めるしいい店だと思います。

さて到着しました。コロッケ定食です。

f:id:akiba_bottimesi:20190520123246j:plain

コロッケ2つ、冷奴、サラダ、漬物、味噌汁、ご飯です。

味噌汁のお椀が少し溶けているのはご愛嬌。

コロッケにはケチャップが付いています。

見るからにサクサクのコロッケは美味しそう。

さっそくコロッケにサクっと箸を入れます。ミートコロッケかな?と一口。

これはうまいコロッケだ。外はサクサク、中はホクホク。ひき肉もそれなりに入っていて肉の旨味を感じます。もしかして手作り?たぶんそうなんだろうね。

コロッケにケチャップというのは意外と合う。普通のとんかつソース、ウスターソース類だと家庭的な感じがするけどケチャップだと街の食堂という感じがする。

うまいコロッケはご飯が進む。冷奴もありがたい。味噌汁もうまい。味噌汁はお麩とワカメ。

店構えはレトロだけど料理は本格的。本格的というのは少し言い過ぎかもしれないけど、ちゃんと作っているというのは間違いない。

あっという間に完食。美味しかった。

 

あきば食堂は秋葉原らしい寡黙で職人的な店主のお店。入る前は少し躊躇するけど、食べてしまえば虜になり伝道師(エバンジェリスト)になってしまうような良いお店でした。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月20日(月) 11時00分

■お店情報

  • あきば食堂
  • 営業時間
    • 平日・土曜
      • 11時00分〜16時00分くらい
    • 日曜祝日定休
  • 住所 東京都千代田区外神田3丁目2-6
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 好きなところに座る。
  • メニューが決まったら店員さんに伝える
  • お冷(お茶)は店員さんが持ってきてくれる
  • テーブル2つに1つの割合でティッシュの箱が置いてある
  • お会計は店内奥のレジで支払う。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK

両さんがいそうな大衆居酒屋で土曜刺身ランチ。とんとん亭

土曜ですがランチ行ってきたのでブログ書きます!

先週は神田明神のお祭りで沢山の人で賑わってましたね。今週は浅草神社のお祭りみたいです。

朝から汗ばむ気温の秋葉原駅周辺は人が結構いました。

そんな騒然たる秋葉原駅からは少し離れた総武線高架の横を浅草橋方面へ少し歩いたところにあるとんとん亭でランチです。

余談だけど、休日朝の昭和通りから総武線高架横の路地に入った途端人の気配が急に少なくなる瞬間が好き。
f:id:akiba_bottimesi:20190518144918j:plain

とんとん亭は夜は居酒屋なのでぼっちではキツイかもです。

でも安心してください。昼はぼっちでも大丈夫ですよ。

平日の昼はだいぶ混みそうですが、今日は土曜日だし早めの時間に行ったので空いていました。お昼過ぎになれば人が増えるのかな。

店の前まで行ったら中で食べている人がいたので入店。そしたら食べていたのは店員さんでしたw入ってよかったのかな?

店員さんがこれ美味しいよ!と日替わりランチのメニューを持ちながら教えてくれた刺身定食にしました。日替わりのようです。

平日の日替わりはAランチ、Bランチの2種類ですが、土曜は日替わりは1種類のようです。日替わり以外のメニューは平日と同じかな?たぶん。

f:id:akiba_bottimesi:20190518144933j:plain

f:id:akiba_bottimesi:20190518144941j:plain

ランチメニューを見ると揚げ物とか焼肉とかガッツリ系が多いです。コスパもいいし、ガッツリ食べたい時にいいお店ですね。

店内はカウンター(使っているか不明)が数席と、テーブルが結構あります。

店内のでかいテレビをみつつ麦茶を飲んでいると刺身定食が到着しました。

f:id:akiba_bottimesi:20190518144949j:plain

色々付いてる。これはよさそうだ。

刺身はタコとしめ鯖、ネギトロ。それ以外に豚バラの焼肉と、鳥の唐揚げ、大根の何か(煮物?でいいのかな?)、味噌汁。

さっそくいただきます。

味噌汁はしじみ!ランチでしじみの味噌汁とかあまり見かけないから嬉しい。

焼肉美味い!ご飯が進むいい感じに甘めな味付けです。焼肉だけでご飯を全部食べてしまいたくなりますが刺身もあるのでご飯の量を考えながら食べ進めます。

刺身のタコ、しめ鯖、ネギトロは普通に美味しいです。しめ鯖久しぶりに食べた気がする。

唐揚げは居酒屋でよくあるような唐揚げ。美味しいです。

ご飯は炊きたてアチアチで、しかも結構いいコメ使っていそうな美味しいご飯。

飲食店にとってコメの品質は重要だと思っている僕にとっては満足なご飯です。

他のメニューも食べてみたくなった土曜のランチでした。次回は平日の昼に来たいところです。

ごちそうさまでした。

 

少し前から一部の総武線高架下の建物が無くなって見晴らしが良くなっていたのですが、今日は人通りが少なかったのでじっくりみてきました。

随分古い高架だなあと思ってググったら昭和7年完成とか。90年近くも前とは。耐震工事とかするために建物撤去したのかな?いずれは建物とかできるのだろうか。

とんとん亭に行くなら、今しか見られないかもしれないアーチ型のレトロな高架を見ながら行くのもいいかもです。

f:id:akiba_bottimesi:20190518154455j:plain

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月18日(土) 11時10分

■お店情報

  • とんとん亭
  • 営業時間
    • 平日
      • 11時00分〜14時30分
      • 17時00分〜22時45分くらい(夜は居酒屋タイム)
    • 土曜
      • 11時00分〜14時30分
    • 日曜定休
  • 住所 東京都千代田区神田佐久間町3−21
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 好きなところもしくは指定された席に座る。
  • メニューが決まったら店員さんに伝える
  • お冷は店員さんが持ってきてくれる
  • 紙ナプキン類なし。
  • お会計は店内入り口近くのレジに伝票を持って行って支払う。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK

街の洋食屋の模範的な店。洋食工房ジェンコ

昔は「模範的な人になりなさい。」とか言われて育ってきたけど、反面教師にされる人になってしまったおじさんです。

なぜこんな人に育ってしまったんだろう。心に手を当てて考えていたら心当たりが多すぎて分からなくなりました。

そこで模範的な洋食屋さんでランチでも食べて僕も模範的なおじさんを目指すことにしました。

こいつなに支離滅裂なこと言ってんだ?と思った方も多いでしょう。僕も自分で書いていて支離滅裂すぎるな。と思いました。

 

さて今日やってきたのは秋葉原の東側(昭和通りのほう)にある洋食工房ジェンコです。いわゆる街の洋食屋さんですね。

JR秋葉原駅の昭和通り口から徒歩5分くらい、東京メトロ日比谷線の1番出口からなら徒歩3分くらいのところにあります。

店の直前までは分かりやすいのですが、店のすぐ前が少し分かりにくいです。看板があるのでそれを見逃さないようにしましょう。

f:id:akiba_bottimesi:20190517121053j:plain

到着して店頭のメニュー看板で日替わりセットを確認です。

日替わりランチは日替わり一品と選べる一品がセットになったメニューです。(ご飯とスープもつきます)

今日の日替わり一品は「明太チーズチキンカツ」です。もう名前からして美味いのがわかる。

選べる一品は、エビフライ、ホタテフライ、メンチカツ、チキンカツ、サーモンフライ、キスフライ、鳥の唐揚げ、えびかつ、カニクリームコロッケから選べます。

f:id:akiba_bottimesi:20190517132939j:plain

店内に入って注文しました。僕は日替わりランチで選べる一品はエビフライにしました。

店内はカウンターが7か8席くらい。テーブルが6人用と4人用が1つずつ。混雑時は相席になります。

僕は開店直後に入ったのでカウンターの好きな席を選べました。

この店では弁当も売っており、その弁当の準備も含めランチの準備で忙しそうです。

日替わりメニュー以外のランチメニューもあります。

f:id:akiba_bottimesi:20190517132946j:plain

ハンバーグ、メンチカツ、チキンカツのいずれかに、もう一品追加できるのが基本です。

カレーもあるし、メニューはかなり豊富です。ビールもあるので同じ会社の人とエンカウントしない程度に会社が離れている人はランチビールを飲んでシャキッとすることもできますね。

あっ、こういうこと言うから反面教師にされるのか。

さて届きました。日替わりメニューの「明太チーズチキンカツ&エビフライ」です。

f:id:akiba_bottimesi:20190517121115j:plain

うまそう!タルタルソースを少し舐めてみたら美味い!タルタル美味い!

まずはチキンカツのほう。ソースをかけて食べてみました。

チーズとめんたいの味がふんわり伝わってきてこれは美味しい。チキンカツの切り口からチーズとめんたいこソースがトロトロ溶け出してきていて、見ているだけで美味い。僕は食べ始めると集中してしまうので写真はないです。すみません。

次はエビフライ。

たっぷりタルタルをつけて食べてみます。

エビが太い。エビの味がすごい。これはいいエビフライだ。タルタルもいい。なんかいい。しっぽまで美味しいエビフライでした。

サラダにかけるドレッシングも美味い。もしかして店で作ってるのかな?

オニオンスープを飲んで完食。

トラディショナルなものはしっかり守りクオリティを保ちつつ「めんたいチーズチキンカツ」のような独自のメニューにも挑戦する街の洋食屋の模範的なお店でした。

ごちそうさまでした。

 

読んでいただきありがとうございました。

■訪問日時

    2019年5月17日(木) 11時10分

■お店情報

  • 洋食工房 ジェンコ
  • 営業時間
    • 11時00分〜15時00分
    • 18時00分〜20時30分
    • 土日祝日定休
  • 住所 東京都千代田区神田和泉町1-12-1
  • Google マップ

■ぼっちめし情報

  • 好きなところもしくは指定された席に座る。
  • メニューが決まったら店員さんに伝える
  • お冷は店員さんが持ってきてくれる
  • 紙ナプキンあり。
  • お会計は店内奥のレジに伝票を持って行って支払う。
  • 帰る時に食器はテーブルに置いたままでOK